シャオミ 爆買いを生む戦略

シャオミ 爆買いを生む戦略 表紙

シャープの経営再建にあたって、日本の官民ファンドと、台湾のフォックスコンとの綱引きが行われていましたが、どうやらフォックスコンの方が出資額などで優位に立っているようです。同じタイミングで、東芝が7000億円の赤字を発表しました。日本の電機メーカーが世界をリードしていた時代は、過去のものとなりつつあります。

一方で、台湾や中国の製造業に対して、ともするとまだ一段劣るというイメージを持っている方もいます。ところが、スマートフォンに限ってもファーウェイやシャオミのようなメーカーが躍進を遂げています。ファーウェイについてはグーグルのNexusのハイエンドである6Pの開発を担当しています。国内でもSIMフリー端末で高い人気を博しており、都心の電車の中でも普通に見かけます。

さらに注目すべきは、シャオミです。2010年に設立されたベンチャーが、2015年を通して中国で最も販売台数の多いスマホメーカーとなり、世界でもサムスン、アップル、ファーウェイに次ぎ、レノボとほぼ並んで5位につけています。2012年ごろからその存在は噂になっていましたが、あっという間にこれだけの地位を築きました。

これまで、アプリやウェブサービスのようなソフトウェアであれば、このような急成長はありました。しかしシャオミの凄さは、ハードウェアの事業でソフトウェア事業のような急成長を遂げたことです。

シャオミはいったいどうやってこれだけの急成長を実現したのでしょうか。創業メンバーの一人であり、デザインやオンラインマーケティングを担当する黎万強氏が、自らそのプロセスとその背後にある考え方を、「シャオミ 爆買いを生む戦略」という本に綴っています。 “シャオミ 爆買いを生む戦略” の続きを読む

農業からイノベーションとアントレプレナーシップの本質を考える

今日、農業経営の専門学校である日本農業経営大学校で、松尾和典先生にお招きいただき、「アントレプレナー論」で講義をしました。「事業創造のための顧客体験デザイン」と題して、UXデザインの取り組みについてお話をしました。またカスタマージャーニーマップを作るワークショップを実施し、サービスデザインを体験してもらいました。

グループワークの様子

グループワーク発表の様子

“農業からイノベーションとアントレプレナーシップの本質を考える” の続きを読む