上野直樹先生追悼シンポジウム「状況論の未来へ」

上野直樹先生

お世話になった研究者の上野直樹先生を追悼するシンポジウムに参加してきました。

上野先生は、教育研究とアフォーダンス理論に始まり、状況論/エスノメソドロジー/アクターズネットワークなどの社会科学の手法を積極的に研究され、近年では東京都市大学にてオープンデータとARアプリを活用した横浜の地域コミュニケーションの活動に取り組まれていました。

先生とゆかりのある方々が発表をされていましたが、異口同音に述べられたのが、外と内や、開発者と利用者といった境界や区別を自明のものとせず、多様なアクターが多様な役割を担いながら行うダイナミックなインタラクションに注目するという知的姿勢で、それは上野先生ご自身の研究活動の中で実践されていました。

自分自身、2006年に携帯電話向けに街のソーシャルブックマークサービスを作った際に、情報処理の学会などではそれほど注目されませんでしたが、上野先生には大変ご興味を持っていただき、ゼミの研究テーマにも取り入れていただきました。そのようにエンカレッジしていただいたこともあり、その研究がtabに結実しました。tabを東京から地方へと展開を始めた際に、第一の展開地域として横浜が選ばれ、先生が参加されていた横浜コミュニティデザインラボおよび上野ゼミとしてご協力いただきました。tabは結果的に、日本中で40万人の方に使っていただけるまでに成長しました。このように、上野先生のオープンな知的姿勢と、実践的なご活動に、大いに助けていただきました。

60を過ぎてもなお旺盛な知的好奇心のもとに活発な活動をされていただけに、突然の訃報に驚き、また改めて残念でなりません。上野先生のご冥福を心よりお祈りいたします。そして、ご縁をいただいた者の一人として、その知的な遺産を引き継いでいく責任を感じています。

ロボットをWebから自在に操る:Web Controller for V-Sido CONNECTを開発しました

Web Controllerスクリーンショット

ATOMOSは、ロボット制御システムV-Sidoを開発・提供するアスラテック株式会社様の依頼を受け、ロボット制御マイコンボードV-Sido CONNECTと連動し、Webアプリケーションからのロボットのリモートコントロールを実現する開発プラットフォーム「Web Controller for V-Sido CONNECT」(以下、Web Controller)、および同プラットフォーム上で実装されたロボット制御UIを設計・開発しました。

クライアント:アスラテック株式会社
技術設計・デザイン・Web UI実装:株式会社アトモスデザイン
Androidアプリ実装・Web API実装:株式会社ロバスト
アスラテック社によるプレスリリース


“ロボットをWebから自在に操る:Web Controller for V-Sido CONNECTを開発しました” の続きを読む

ATOMOSは2期目に入りました

本日3/1を持って、弊社は2期目に入りました。なにぶん初めて起業しての1年目ということで、すべてが試行錯誤の連続でした。クライアントのみなさまや、お仕事でご一緒したみなさま、有形無形のご支援をいただいたみなさまのお力添えがあり、最初の一年を無事に終えることができました。本当にありがとうございました。

1期目の振り返りはすでに年末に書いていますので、あえて繰り返すことはしませんが、一点だけ付け加えると売上の面では設定した目標をクリアし、事業として安定して運営できる状態にあることをご報告します。

初年度を通じて、事業会社としての基本的な形はなんとか整えることができたと思っています。今年度はより一層、ITプロダクト開発を通して社会にインパクトをもたらしていきます。そのために、特に力を入れて取り組む領域を設定し、アプローチとしてのコラボレーションの充実と、自主プロダクトの開発に取り組みます。 “ATOMOSは2期目に入りました” の続きを読む