はじめに:体験をデザインするということ

2013年の夏、私児玉哲彦はデザイナーとして日本のIT企業で働いています。これまでは、モバイルアプリのスタートアップで働いたり、大学でUIデザインの研究に携わったりしてきました。気付けば、20年ほどインタラクティブな体験のデザインに取り組んできました。 “はじめに:体験をデザインするということ” の続きを読む