デザインのできることとできないこと-World IA Day Tokyo 2016に参加して

WIAD 2016 TOKYO JAPAN

Information Architecture Instituteが主宰するWorld IA DayのTokyoに参加してきました。今年のローカルテーマとしてはイーライ・パリサーが著書「閉じこもるインターネット――グーグル・パーソナライズ・民主主義」で主張した「フィルターバブル」の問題についてでした。

コンセントの長谷川さん、スマートニュース編集長の松浦茂樹さんや、ニュースピックスでインフォグラフィックス・エディターを務める櫻田潤さんらが講演を行い、またリクルート/Mediumの坂田さんを交えて、山本郁也さんのモデレートのもとトークセッションが行われました。

フィルターバブルについてざっくり言うと、Googleの検索結果やFacebookのタイムラインにおけるパーソナライズが、個々のユーザーの情報環境を分断し、結果的にコミュニケーションの断絶、新しい情報との出会いの減少、ひいては民主主義の危機までをも招くという問題意識が表明されました。

長谷川さんによれば、大学で教えられている学生さんと話していても、GoogleやFacebookのパーソナライゼーションや、その結果としてのアクセスできる情報の偏りには無自覚だという懸念が挙げられていました。

しかし、僕は講演やセッションを聴いていて、根本的にこのフィルターバブルという問題に違和感を感じました。フィルターバブルを作り出している具体例として、GoogleやFacebookやAmazonが挙げられていましたが、自分の感じ方としてはこれらが存在することで新しい情報に出会う機会は増えても、そうした機会が減っているとは感じないためです。

問題は、フィルターについて議論している時に、フィルター前の情報の絶対量や、フィルター後の選択の幅を考えなければ、全体としての情報アクセスの良し悪しは言えないという点が見過ごされていることです。実際、下記の @securecatさんのツイートによれば、インターネットの普及と前後して、平均的に消費される情報の絶対量は33倍、選択可能な情報量に至っては530倍というデータがあるそうです。

こうした状況を考慮すると、フィルターバブルについての問題意識の原因を、GoogleやFacebookといった情報システムの側、ひいてはその中で情報設計という部分を担当するIAに帰するのはあまり説得力がないと思います。むしろ、受け手側の意識やリテラシーの問題の方が大きいと言えます。

(2016/2/21追記)英語版Wikipediaの「Filter bubble」の「Reactions」の節:Googleの検索結果などについての学術的な検討によれば、パーソナライゼーションにより生じる差異は軽微であり、また個人のプロファイルに基づく音楽レコメンデーションサービスなどでも選好の偏りではなくむしろ発見の広がりを促す効果が見られたとの事例が紹介されています。

登壇者の皆さんからも、IAの立場からそうした受け手に対する啓蒙や、フィルターの設計について理解できるよう表現すべきという意見は出ました。そうした努力は望ましいものではありますが、一方でそもそもの興味関心や意識が低い受け手に対してどれくらい有効性があるのかは大きな疑問があります。教育や業界団体の倫理規定の制定など、実務の外のアプローチが必要でしょう。

金づちを持っていると全てが釘に見える、というアフォリズムがあります。最近デザインの業界の集まりなどに参加して感じるときがあるのですが、デザインを生業にする人間としてはあらゆる問題に対してデザインで解決策を見つける、あるいはデザインが社会に対して全般的な責任を負っているように思ってしまうことがあります。

しかし、事業活動の中だけで考えても、デザインはその構成要素の一つでしかありません。だいたい実務の現場で、デザイナーが意思決定の権限を持っているということは稀です。ビジネスオーナーや、場合によっては実装の担当者などの持っているインフルエンスの方が大きい場合は多々あります。そうした中で、デザイナーが持てる権限と責任の現実的な範囲というものがあります。

ここまで読まれて、僕がデザイナーという職能を悲観的に考えていると思われるかもしれませんが、それは全然違います。むしろデザインが担える役割というものは一般に過小評価されていると思います。しかしそれは、現実のプロダクトやコンテンツを通じて達成できるものです。そこの線引きなしにデザインにできることを過大に捉えるのもまたどうかと思ってしまうわけです。

農業からイノベーションとアントレプレナーシップの本質を考える

今日、農業経営の専門学校である日本農業経営大学校で、松尾和典先生にお招きいただき、「アントレプレナー論」で講義をしました。「事業創造のための顧客体験デザイン」と題して、UXデザインの取り組みについてお話をしました。またカスタマージャーニーマップを作るワークショップを実施し、サービスデザインを体験してもらいました。

グループワークの様子

グループワーク発表の様子

“農業からイノベーションとアントレプレナーシップの本質を考える” の続きを読む

VRキックボクシングエクササイズがDC EXPO 2015のFeatures2015に選出

アトモスが企画/開発をお手伝いした、株式会社スポーツITソリューション様によるVRスポーツコンテンツ「360°VRキックボクシングエクササイズ」が、10/22〜25に日本科学未来館にて行われるDIGITAL CONTENTS EXPO 2015のFeartures2015に選出されました。今年の注目テーマである「スポーツを変えるコンテンツ技術」6件の一つになりました。

会場では実際に体験していただけるため、VR技術を用いた未来のスポーツにご興味のある方はぜひご来場ください。

150929dcexpo

HTML5とか勉強会での発表(8/26)

日本最大のHTML5関連開発者向けコミュニティhtml5jにて、Web Controller for V-Sido CONNECTについての発表を行いました。

開発者向けということもあり、これまででもっともWebRTCやWebGL等の技術の応用についての詳細を解説しています。

Web技術でここまでできるのか!IoT/WoTの可能性を探る、「第59回 HTML5とか勉強会」レポート(HTML5 Experts.jp 白石俊平さん)

Nikko 20 years idea camp

イベントのキックオフ

この週末に日光駅で行われたNikko 20 years idea campというアイデアワークショップに参加しました。家族連れの方が多く参加し、日光の20年後を「ニッコリ」させるアイデアをグループで考えました。

会場には3Dプリンターなども持ち込まれ、子供達を中心として考えたアイデアのプロトタイプを形にしました。また、フィールドに出て、アイデアについて街の人たちに聞くなどしました。

短いお話をさせていただく時間もあったのですが、Web Controller for V-Sido CONNECTのデモを行いました。そして、ゲームでもスマホでもロボットでもその気になれば自分で作れるし、作る側に回ったほうが楽しいし創造的だしお金にもなる、というお話をしました。自分がコンピューターをやり始めたのが小学生のころ、15歳くらいの頃には今のような仕事をしたいと思っていました。考えてみるとちょうど20年前のことです。

これから20年後の世界においては、テクノロジーはさらに大きな影響を持つようになっているでしょうし、そうした世界をデザインしていくのは、ワークショップに参加していたような今小学生くらいの子供たちです。彼ら彼女らが、それぞれの夢を持って、いつかそれを形にできるようになっていってくれたらいいなと思います。

Webとロボットの融合を目指す第一回ブロボハッカソンレポート

ATOMOSとアスラテック株式会社様とで、同社のロボット制御OS「V-Sido」を、Webアプリからリモートコントロールできるようにする「Web Controller for V-Sido CONNECT」を開発しました。このシステムは、Webとロボットの融合によるサービスやアプリの開発を可能にするものです。

今回、Web Controllerを開発者のみなさまに触っていただき、「ブログを書くくらい簡単にWebからロボットを動かす」ことを目指して、5/23に第一回ブロボハッカソンを両社にて共同主催しました。

第一回ブロボハッカソン参加者集合写真 “Webとロボットの融合を目指す第一回ブロボハッカソンレポート” の続きを読む

上野直樹先生追悼シンポジウム「状況論の未来へ」

上野直樹先生

お世話になった研究者の上野直樹先生を追悼するシンポジウムに参加してきました。

上野先生は、教育研究とアフォーダンス理論に始まり、状況論/エスノメソドロジー/アクターズネットワークなどの社会科学の手法を積極的に研究され、近年では東京都市大学にてオープンデータとARアプリを活用した横浜の地域コミュニケーションの活動に取り組まれていました。

先生とゆかりのある方々が発表をされていましたが、異口同音に述べられたのが、外と内や、開発者と利用者といった境界や区別を自明のものとせず、多様なアクターが多様な役割を担いながら行うダイナミックなインタラクションに注目するという知的姿勢で、それは上野先生ご自身の研究活動の中で実践されていました。

自分自身、2006年に携帯電話向けに街のソーシャルブックマークサービスを作った際に、情報処理の学会などではそれほど注目されませんでしたが、上野先生には大変ご興味を持っていただき、ゼミの研究テーマにも取り入れていただきました。そのようにエンカレッジしていただいたこともあり、その研究がtabに結実しました。tabを東京から地方へと展開を始めた際に、第一の展開地域として横浜が選ばれ、先生が参加されていた横浜コミュニティデザインラボおよび上野ゼミとしてご協力いただきました。tabは結果的に、日本中で40万人の方に使っていただけるまでに成長しました。このように、上野先生のオープンな知的姿勢と、実践的なご活動に、大いに助けていただきました。

60を過ぎてもなお旺盛な知的好奇心のもとに活発な活動をされていただけに、突然の訃報に驚き、また改めて残念でなりません。上野先生のご冥福を心よりお祈りいたします。そして、ご縁をいただいた者の一人として、その知的な遺産を引き継いでいく責任を感じています。

UX Week 2014レポート:UXデザイナーよ、魔法のような体験を作れ!

UX WEEK 2014 THE PREMIER UX DESIGN CONFERENCE SEPTEMBER 09 - 12 SAN FRANCISCO, CA
9/9-12にサンフランシスコで開催された、UXデザインのカンファレンスとワークショップイベントUX Week 2014に参加してきました。本イベントはUXデザインを専門にした世界最初のコンサルティング企業Adaptive Path社が主催しています。アメリカを中心に、世界中からUXの実践家が集まって事例や手法、トレンドなどを共有します。同時期にUX Strat(コンセント長谷川さんのレポート)という別の大きなイベントがあったこともあって、日本からの参加の方は他にはいないようでした。イベントの様子や学んできたことなどを共有します。

  1. 会場
  2. 参加者
  3. オープニング
  4. 基調講演:Design for Humankind
  5. 講演:Work With What You Have
  6. 講演:Designing Smart Interruptions
  7. 講演:Two Worlds: Design Firms & Startups & What They Can Learn From Each Other
  8. 講演:Applying Design Thinking At The Organizational Level
  9. 講演:Designing Enterprises – How to Transform a Company by Design
  10. 講演:UX for ET
  11. 講演:Leading a Distributed Team of Introverts
  12. 講演:The Web Gets Real: Designing for the Internet of Things
  13. ワークショップ:Designing for Touch
  14. ワークショップ:Explore, Persuade, Destroy: An Introduction to Storyboarding Techniques
  15. ワークショップ:Mapping Design Decisions to Evidence
  16. 番外:SAP UXデザインチーム訪問
  17. 総括:UXデザイナーよ、魔法のような体験を作れ!

“UX Week 2014レポート:UXデザイナーよ、魔法のような体験を作れ!” の続きを読む

企画展「地球ワンダーミュージアム」出展(日比谷、7/29〜8/30)

触れる地球にiPadをかざす

触れる地球ミュージアムが開催する夏休みの特別展示「地球ワンダーミュージアム」に、AR技術を使った「地球メガネ」を出展します。ATOMOSは展示協力し、ナント・モバイル株式会社による独自の3次元オブジェクト認識技術を用いて、iPadで地球に3次元のコンテンツを重ね合わせる、かつてない表現の3種類コンテンツを制作しました。

地球の不思議を、大人と子供とを問わず感じていただける展示になっているかと思います。夏休みのお出かけなどに、ぜひいらしてください。

期間:2014/7/29〜8/30
時間:
火〜木 11:30〜19:30
金 11:30〜17:00
土 10:30〜18:30
休館日:月・日・祝日(8/13〜15は休館)
場所:丸の内 富士ビル 3×3 Labo(さんさんらぼ)
主催:触れる地球ミュージアム
企画・構成:竹村真一+Earth Literacy Program
協賛・企画協力:富士通株式会社

世界遺産

世界各地の有名な世界遺産を、地球の上で見ることができます。地球儀の上で世界旅行をしてみよう!
世界遺産画面

オーロラ

誰もが一度は見たいと願うオーロラを、地球の外から見るとどんな風に見えるんだろう?宇宙飛行士しか見たことのない風景を見てみよう!
オーロラ画面

風力発電量

エネルギー源として急速に普及しつつある風力発電の、国別の量を目に見えるようにしました。どの国が風力を多く用いているかなど、意外な発見があるかも?
風力発電量画面

他にも、面白い展示がたくさん。
動物のフィギュア

UX Tokyo Jam 2014:人間のことを知って、未来をつくる

土曜日にUX Tokyo主催によるUX Tokyo Jam 2014に参加してきました。自分でもセッションを一つ担当しました。

ATOMOSを起業してももう5ヶ月近く。自分なりの仕事の形もできてきた中で、多様な領域にまたがる仕事でもあり、そのスコープについて考えさせられていたところだったので、自分に取ってちょうどいいタイミングでした。複数のセッションを通して、今の時点での考えをまとめることができました。

自分に取ってUXデザインとは、ますます人間のことを理解することであり、それこそが未来のもの作りだという実感を強めました。

オープニング

前田俊幸さんによるキーノートで幕を開けました。UXデザインは、個々のサービスやプロダクトから、それぞれが重なり合う大きなループに取り組むようになっており、扱うタッチポイントも多様化している。範囲としてはほぼ事業全体と重なってくる、というお話。

仕事をしていて、UXデザインが事業運営に深く結びついてくる、一体化してくるというのは常に感じていることです。人に価値を提供するサービスなどの事業において、マネージャーがUXを理解し積極的に取り組まないのはもうあり得ないのではないか。コンセントの長谷川さんからも、懇親会でもこのようなお話をいただきました。

こうした主張に僕は100%賛成です。UXを考えない事業はあり得ないし、事業のために作られないUXもあり得ない。しかし、です。結果、UXが事業運営そのものであるとか、UXデザイナーがマネージャーであるという表現には、僕は違和感があります。僕自身は、Webデザインなどに代表されるような、モノに触れる狭義のデザインの領域に、デザイナーの固有の価値があると思うためです。

前田さんによるキーノート

UXデザインのためのマテリアリズム

キーノート後はマルチトラックでセッションが行われていきました。次は、江口晋太郎さんと山本郁也さんによる「UXデザインのためのマテリアリズム」に参加しました。

江口さんは生活の中でのデジタル技術とのつきあい方を再考する「スローウェブ」といった運動や、選挙におけるインターネット活用についての経験など、生活や社会とのインタフェースという視点についてお話しされました。一方山本さんは、散歩をするなど、余裕のある生活こそがクリエイティビティの源泉というお話などをされていました。

マテリアリズムとは、直訳すると「唯物論」ですが、このタイトルに込められたメッセージは「画面の中のデザインから飛び出そう」といったところで、別に事前にすり合わせたわけではないのですが自分のセッションと共通するメッセージがありました。この流れで、次の自分のセッションを行いました。

江口さんと山本さんによるセッション

EXPERIENCE DESIGN OUT OF SCREEN:これからのエクスペリンスデザイナーの生きる道

僕のセッションは、3年後のUXデザイナーの仕事とは何だろう、ということを議論するものでした。僕の方からは、tabなどのデザインプロセスを紹介しながら、リアルな世界と繋がるUXデザインのポイントとして

  1. Continuous experience
  2. UI based on natural affordance
  3. Contextual awareness
  4. Social interaction
  5. KPI measurement in real world

の5点についてお話をしました。

自分のプレゼンの様子

その後で、LTの時間を設け、村越悟さんが「Rethinking Human Experience 2045年へ向けて、僕らは仕事をどのように考えるべきか」、坂田一倫さんが「Hello, Mirai Design! デザイナーの未来は、ここからはじまる。」、駒ヶ嶺智広さんによるロボット「Rovi」のご紹介、佐藤啓一郎さんによる企業におけるUXデザイナーのニーズなど、活発なご意見をいただきました。

IoT/ウェアラブル/ロボット/AIなど、ITはますます様々な形で生活空間に広がっていきます。これらを技術やビジネスの側面から理解することは、デザイナーに求められることではあります。しかし、すべてについて専門家としてのコミットを持って仕事をすることは、現実的には不可能でしょう。

むしろ、UXデザイナーとして今後さらに追求すべきは、人間の行動や認知のことをこれまで以上に深く広く理解していくことだと思いました。身体性を伴うインタフェースを様々なシチュエーションで利用することになると、そのような専門性がいっそう必要とされると、仕事の中でも実感しています。

村越さんよるLT

坂田さんによるLT

駒ヶ嶺さんによるRoviのご紹介

UXから「生きたUX」へ ー 論から「実践UX」へSHIFTしよう

次は、大隈広郷さんによるUXデザインのワークショップ。テーマは、「UX Tokyoが1年後に社会へ向けて発信する内容を作る」ということで、グループに分かれてブレインストーミングを行いました。

私たちのグループは、「UXデザインが日本経済を復活させる」という内容にまとめ、UXデザインの対象はWebやアプリからより多様なものに広がっていく、結果として成功するプロダクトが増えて日本経済復活の一助となる、その結果としてUXデザイナーから政治家が誕生する、さらには教育現場でもデザインを教えるようになり次の世代へも継承されていく、と。おそらく全グループの中でももっとも壮大な提案だったと思います。

HXワークショップの様子

クロージング

クロージングノートは長谷川敦士さんによる「The Nature of UX」。UXデザインの発展の経緯をまとめながら、UXはサービスが生じさせる結果、ゆえにUXはビジネスそのもの、ゆえにUXデザイナが未来を作る、と力強い言葉で会を締めくくられました。

いずれのセッションも、UXデザインの広がり、すなわち事業において担う範囲、対象、社会との関わりなどについて述べていました。その結果として、UXデザインを通して未来を作っていけるというスタンスが共通していたように思います。

UXデザインは未来のもの作りの当たり前になる。そんな実感を強めることができたイベントでした。

長谷川さんによるクロージング