UX TOKYO Jam 2014参加者の方へ(セッションについて、LTあり)


7月26日にUX TOKYOが主催するUXについての一大イベントUX TOKYO Jam 2014で、「Experience Design Out of Screen:これからのエクスペリンスデザイナーの生きる道」と題したセッションを行います。本エントリーは、このイベントに参加予定の方に向けた内容です。

このセッションで私はあるシンプルな問いをみなさんに投げかけたいと思います。

UX / UIデザイナーは、3年後も「画面のデザイン」を主な仕事としているでしょうか。

私の答えは、明確にノーです。
スマートフォンの普及によって、私たちの仕事はすでにジェスチャーやセンサーや音声対話などを組み合わせ、現実の世界およびその中の人間の身体とより自然な方法でインタラクションを行うようになってきています。

一方で、スマートフォンやタブレットの普及も日欧米などでは一段落しつつあり、今後ウェアラブルやスマート家電などのより多様なデバイスの市場が伸びつつあります。これらのデバイスは必ずしも大きな画面などを備えておらず、UIもより多様化するものと思われます。

発表者は、2000年代の前半からこのような「画面の外」のUIデザインを研究し、2010年からは実務での実践に携わってきました。その中で得たデザインの事例や手法などの知見を共有します。ポイントとなるのは、デバイスやその画面の中で起こることではなく、利用する人間の身体や認知、そしてそれを取り巻く環境のコンテクストを読み解くことです。

ライトニングトーク募集!

加えて、参加者のみなさんと一緒に、3年後私達はどんな仕事をしているのか、考えてみたいと思います。具体的には2017年のある仕事の日を想定して、どのような仕事を行っているかということを、事前に考えてきて、3分ほどで発表するLTを行います。先着で5名様まで受け付けます。

ご協力いただける方は、下記のTwitterまたはUX TokyoのFacebookページにてご連絡いただければと思います。ぜひふるってご参加のほどをよろしくお願いいたします。

@akhkkdm
UX Tokyoグループ