アトモスデザイン設立のご挨拶


atomos-logo

本日2014年3月3日、株式会社アトモスデザインの設立を行い、私児玉哲彦が代表取締役に就任することをご報告します。

アトモスの企業理念は、

UXで地球をスマートにデザインする

です。

私達人類は、この地球という星の資源を利用する文明を発達させ、発展と繁栄を謳歌してきました。20世紀という時代はその頂点だったと言えます。しかしながら、文明のあまりにも急激な進歩は、食料やエネルギーなどのこの星の限られた資源を使い果たす際に向かいつつあり、また原子力エネルギーの管理など、私達の繁栄のための道具だった文明の行き過ぎがむしろ新たな脅威となってきています。

この課題に対処するためには、各国政府や企業、専門家の努力はもちろんですが、最終的には文明の恩恵を受ける私達一人一人のライフスタイルが、地球の限られた資源や、文明が生み出してきた技術の力を、賢く利用して持続可能なものへと変わっていく必要があります。

では、このようなライフスタイルはどうすれば実現できるでしょうか。その実現のために、アトモスデザインでは、半導体の進歩(ムーアの法則)とネットワークの進歩(メトカーフの法則)に支えられた、情報技術の進歩が重要なコンポーネントであると考えます。情報技術のイノベーションは、資源の分配=取引に伴う摩擦を減らし、全体としての最適配置に近づけることを可能にします。それは資源を有効活用した持続可能なライフスタイルを実現すると同時に、私達が生活の中で感じるさまざまな面倒や手間を軽減してくれるものとなるでしょう。

情報技術のこのようなポテンシャルには大きな期待が寄せられていますが、実際の生活の中での情報技術の活用はまだまだ端緒についたばかりです。今後も、情報技術はウェアラブル機器や組み込み機器、センサーネットワークなどの多様な形をとって生活空間に浸透していくことが予想されます。

一方で、これらの新技術の多くはこれまでも普及せずに埋もれていきましたし、これからも多くがそうなることでしょう。これまで人々のライフスタイルの中に情報技術によるイノベーションを根付かせてきた事例−パーソナルコンピュータ/インターネット/スマートフォンなど−においては、何が違ったのでしょうか?それは、Mac、NCSA Mosaic、iPhoneなどの製品において、専門家でない生活者が技術のメリットを利用できるようになる適切なユーザー体験(UX)がデザインされたことです。

代表の児玉は、10代の頃から20年間にわたって、インタラクティブなUXのデザインを探求してきました。このたび、情報技術のイノベーションの実用化にさらに幅広く貢献したいという思いから、アトモスデザインを設立し、用(実用性)・強(技術的実現性)・美(知覚的満足)のすべてを満たすUXデザインを実現していきます。

−−30億年前、私達の遠い祖先の中に、光合成して酸素を作り出す生物が現れました。それまで主に二酸化炭素で覆われていた地球の大気は、長い時間をかけて酸素の割合を増やしていきました。生物は、酸素を利用することで効率的にエネルギーを作り出せるようになったことで複雑に進化し、またオゾン層を形成して紫外線から身を守れるようになったことで陸上へと進出することが可能になりした。このように、私達の祖先は自ら作り出した酸素によって地球の大気=Atmosphereを作り替え、今日の私達へと連なる生物の進化と繁栄をもたらしたのです。

今日、電子ネットワークは、原子(=Atom)の核の周りの電子のように、地球の周りを巡り、コンピューターとネットワークの中に閉じるのでなく、各種のI/Oを通して物理的な(=Atomの)世界と繋がって私達がより繁栄できるように制御するOSとなりつつあります。そんな第二のAtmosphereを作り出す。アトモスデザインでは、志をともにするみなさまと、そのようなイノベーションと、事業としての成功を実現していきます。

2014年3月3日 麻布十番にて

株式会社アトモスデザイン 代表/デザイナー 児玉 哲彦